琥珀の温感マッサージジェル

  • 2015.10.21 Wednesday
  • 23:22

この時期から11月末くらいまで、いつも一気に暇になります。

肌寒くなるから、皆さん脱ぎたくなくなるのかしら(^^;;

サロンでは、すでにヒートマットやら暖房も一時的に点けて、脱いでも寒くない温度にしています。

これから更に、ホットカーペットやヒーターもフル稼働して、真冬でもポカポカにしていきますよ〜!

冷えて溜め込みやすい冬場こそ、現状維持、健康維持のために、ボディーもフェイシャルも受けていただきたいです。


秋・冬にお手入れするかしないかで、「老け度合い」は大きく変わりますよ!!



さて、昨日は、展示会で購入した温感マッサージジェルを、お客様にお断りして早速使わせていただきました。



バニラビーンズから抽出された「バニリルブチル」という成分が、体の奥からじわ〜っと温めてくれます。


唐辛子みたいなヒリヒリした痛みのある熱さとはまた違うかんじ。

あと、アンバー(琥珀)が入っていて美肌効果も期待でき、ちょっと高級な雰囲気なのもいいです。


安っぽいものは、テンションが全く上がらないので…(-_-)

琥珀のマッサージジェル、是非お試しください♪



そうそう、何故温めるものが必要かと言いますと、

夏場は身体が温まった状態からスタートできるので、筋肉や脂肪などの体組織が柔らかいんです。

だから、柔らかい粘土を捏ねるみたいに身体のライン作りもしやすいのです。


また、血行が良いと老廃物が滞りにくく、部分的に滞っていても、施術で動かせば最終的には尿などで体外に排泄されます。

不要なゴミがなくなれば、身体は痩せ易くなるし健康になります。



一方で、冬場は寒さで固まった筋肉や脂肪を緩め、柔らかくするところからのスタートになります。

つまり、夏場と同じ結果を出すには余分に時間が掛かるんです。


体を温めるには、施術前にヒートマットに入っていただくのが一般的ですが、時間や費用が余分にかかるのが、お客様にとってはネック。

その為には温感商材の力も借りて、結果に繋がる施術をしたいと思っています。


実は、扱っていたGAIA NPさんのスリミングオイルがメーカー欠品になってしまい、次の入荷もわからないという状況にありまして…(^^;;

商材を見直すタイミングなのかな〜とも思いました。

もちろん今まで通り、スリミング以外のアロマオイルはございます。


お好きな方をお選びくださいね!


ではでは〜


☆リンパドレナージュ ふわり☆
茨木市双葉町15-5-202
電話 090-1710-6231

営業時間 9:00-18:00, 不定休

ホームページとネット予約はこちら
http://r.goope.jp/fuwari


【セルフケア】肩こり・二の腕のお肉に!

  • 2015.08.31 Monday
  • 01:30
前回に引き続き【セルフケア】の仕方を書きますね。


今日のケアは、

体が重い、肩こりがひどい、

二の腕が逞しくなってきた、

首の下やブラジャーの上の肉付きが気になる(いわゆる中年の背中になってきた)

という方に、是非やってみていただきたいなと思います(^^)


まずは解しから。

血管やリンパ管を圧迫する硬い脂肪や筋を、リンパの下流から順にほぐしていきます。


1. 鎖骨まわりを摩る

2. 腕の付け根をほぐす

3. 脇の下を摩ってほぐす

因みに、脇の下は本来凹んでいる場所ですが、脂肪や老廃物が溜まると、溝がなくなったり逆に盛り上がったりします。

だから、固まっているものを解して柔らかくします。

ただし、リンパ節が沢山あるデリケートな場所なので、グイグイしないようにお願いしますね!

また、風邪などで腫れているときは、リンパ節で戦っているウイルスを周囲に拡散させてしまうことになるので、絶対に揉んだりしてはいけません。

風邪の治りが悪くなりますからね〜!!その点だけはご注意ください。


4. 次に脇の下の背中側の骨に沿って摩ります。筋肉やスジを伸ばすように、ゆっくり圧をかけてください。

5. 腕の後ろ側の硬くなっている脂肪をつまんだり摩ったりして解します。


因みに、今の体は、何年、何十年の習慣や食生活、体の動かし方の結果です。

だから、くれぐれも、すぐ結果を出そうなんてムキにならないでくださいね!

私はお風呂で体を洗うついでに摩ってますよ(^^)


「解し」た後は「流し」ます。


6. 肘から脇に向けて摩り上げる。手のひら全体を腕に密着させて。

7. 背中から脇を通って胸に。背中に流れたお肉を、おっぱいに持っていくというイメージですよ(^^)

このときもゆっくりと、とにかく密着感を大切にしてください。表面に滞っている余分な水分を掴んで離さないという感じです。


毎回1〜7の全部はしなくてもいいので、とりあえずは片側につき1〜2分くらいを目標に。

歯磨きみたいに毎日の日課にして、コツコツ続けてみてくださいね!

乳がんの予防にもなりますしね。

あと、腕をしっかり回して肩甲骨を動かしたり、腕を上げて脇を伸ばすストレッチもとてもいいですよ。


後は、体は冷えているところに脂肪をつけようとしますので、

クーラーが効いていたらカーディガンを羽織る

とか、

お風呂に浸かって温める

とかも、すごくすごく大切です。



ではでは♪



☆リンパドレナージュ ふわり☆
茨木市双葉町15-5-202
電話 090-1710-6231

営業時間 9:00-18:00, 不定休

ホームページとネット予約はこちら
http://r.goope.jp/fuwari


【セルフケア】足のむくみ・脚痩せに!

  • 2015.08.29 Saturday
  • 11:28

今日は、脚がむくんだり怠かったり

脚やせしたーい!

という方に、セルフケアの仕方をお教えしますね。


私は、脚をケアする上で、早く成果が出せるように優先順位を決めています。


【1】まずは、関節周りで硬くなっている脂肪があればそこを解します。




関節にはリンパが合流するリンパ節が沢山ありますが、

関節周りの硬い脂肪(セルライト)は、血管やリンパ管を圧迫して、そこの流れを堰き止めてしまいます。

そうすると、堰き止められた辺りにさらに脂肪や老廃物が溜まりやすくなります。


太ももが太いという方は、大抵、脚の付け根と膝裏周辺の硬い脂肪が、

また、膝下がむくんだり太いという方は、膝裏周辺と足首の硬い脂肪が、

その間の流れを堰き止めているんですよ(^^)



硬い脂肪を解すときの優先順位は、脚の付け根側から。

1, 脚の付け根

2, 膝の内側(太もも側)


3, 膝裏

4, 膝内側(ふくらはぎ側)


5, 足首の筋に沿って

内くるぶし側


外くるぶし側


なぜ、脚の付け根側からかと言うと、静脈血やリンパ液の流れの下流にあたるからです。

足先から回収された静脈血やリンパ液は、お腹を通って鎖骨まで上がり、鎖骨下で合流して心臓に戻ります。

だから、流れる先をまず綺麗にするというかんじ。

台所の水周りでいうと、排水管(下流)が詰まっているのに、シンク(上流)ばかりピカピカにしても流れないのと一緒です。



【2】次に、モモ(裏・外側・前)の硬い脂肪を解します。

硬い脂肪があるところは、血行が悪いので、触ると冷たいです。



【3】最後に、太ももやふくらはぎの筋肉を優しくこねて解します。

筋肉も硬くなると、血管やリンパ管を圧迫して流れを阻害しやすくなってしまうのですよ。

だから、ストレッチで筋肉を柔らかく保つことも大切なんですよ(^^)



私は自分でケアするときには、キャビテーションで脂肪を柔らかくする→手でさらに脂肪を解す→リンパ節に向けて流す

という感じでやっています。

脚からお腹で60〜90分くらいかけてケアしますので、これが職業でない方にとっては、もしかしたら結構な体力がいるかもしれません(^^;;


そんなときは私にお任せくださいね〜!

と、最後は宣伝して終わりたいと思います(^^)

ではでは



☆リンパドレナージュ ふわり☆
茨木市双葉町15-5-202
電話 090-1710-6231

営業時間 9:00-18:00, 不定休

ホームページとネット予約はこちら
http://r.goope.jp/fuwari



人肌から感じ取るもの

  • 2015.07.10 Friday
  • 09:45

私は特殊能力とか霊感とかは全くなくて、

だからこそ人様に触れる仕事が続けられるのかなと思っています。

(受け取りやすいセラピストさんは、施術をするとどっと疲れるみたいです)


それでも、お身体を触らせていただいていると、何かしら感じるときもあって

特に、寂しさとか悲しみとかは感じやすいかな。

まぁ、私の思い込みもあると思いますが…

今言っても大丈夫そうとか、聞き流してくれそうなお客様には感じたことを話すこともあります。

半年前くらい前に、なんかお身体がすっごい気になるなーという方がいらして、その後もなんとなく気になっていたのですが、

昨晩たまたまメッセージでやりとりする機会があった折に、こんなお話を聞かせていただきました。


『 施術してもらったときに、
「認めてもらいたい」のかな?
と言われたことが後になって

「私ってそうだったのかー!」とじわじわと実感することがあって、

ふわりさんなんでわかったんだろう?って 思ってたんです。』

確か、膝下を触っているときにそんな印象を受けたんですね。

なんとも説明はつきませんけどね。

身体は語るんですねー!

お話聞かせてくださってありがとうございました。



☆リンパドレナージュ ふわり☆
茨木市双葉町15-5-202
電話 090-1710-6231

営業時間 9:00-18:00, 不定休

ホームページとネット予約はこちら
http://r.goope.jp/fuwari

脂肪にはキャビテーション!

  • 2015.06.23 Tuesday
  • 06:45

日本エステティック協会認定ボディエステティシャンの山本です(^^)

と、今日はいつもは書いていない肩書きから入りましたが

痩身エステの記事を書きます。


先日思い切って、エステ機器を購入しました!

こちらのキャビテーションです


詳しいことは端折りますが、キャビテーションは、近年流行りの脂肪にアプローチする機器です。


一般的に、痩身エステにおける脂肪に対する施術の最初のステップは、

「柔らかくなるまで揉みほぐすこと」

なんですが

脂肪にコラーゲン繊維などが巻きついた状態(=セルライト)が経年変化すると、手でほぐすには相当の時間がかかります。



お客様も私も、やはり、早くよい結果を見たいという想いは共通してあるのですが

セルライトの出来やすさというのは、


◆生活(脂質や糖質過剰な食生活、体を冷やす機会が多い)

による場合もあれば

◆遺伝的な体質(β3-AR遺伝子にリスクがある=脂肪の代謝が苦手、下半身が冷えやすく脂肪が付きやすい)

による場合もあり

非常に頑固なセルライトができやすい体質の方もいらっしゃいます。


セルライトというと一般的に太モモ裏のボコボコしたのをイメージされる方も多いと思いますが

お腹、背中、二の腕、足首…と、脂肪があればどこにでもできます。

それを全て手でほぐすとなると、やはり相当な時間が掛かりますが、

お客様の金銭的・時間的な制約もあれば

年々、私の体力的な問題もあり…(^^;;

あぁ、キャビテーション欲しいな〜でも100〜200万するし…

と思っていたら、

最近は一桁小さい額のハンディタイプが出ていて、きちんと結果も出せるのがわかったので、そちらを購入しました。


キャビだけでなく、中周波、高周波、赤LEDもついた複合機です。

体を深部から温めたり、美容液のスリミング成分を浸透させたり、肌を引き締めたりもできるという優れもの。

(デモ機のモデルになって下さったお客様方ありがとうございました!)



こちらは一回の施術例ですが

◆キャビテーション前


◆キャビテーション後

脂肪は柔らかくなっていますが、くびれはできていません

◆キャビテーション+痩身マッサージ

リンパの流れに沿って過剰な水分や脂肪を流すとくびれがでます。

因みに、血行が悪かった部分に赤みがでていますが、激しいマッサージをした訳ではありません。


まぁ、一回(キャビ10分+マッサージ10分)だけなので劇的な変化はありませんが(^^;;

それに、脂肪が少なく水分が多い方は、キャビなしでもこれ以上の結果はでることが多いです。


なのでキャビテーションは、

・脂肪層が厚い

・脂肪層が硬い

方に特にオススメです。


機器を詳しく知りたい方は、こちらのメーカーホームページをご参照ください。
http://www.jb-m.jp/cavietghost.html


どんなかんじでメニューに取り入れるかはまだ検討中なんですが

ディーラーさんによると、一回5,000〜20,000円とサロンによって価格設定にかなーり幅があるとのこと。

価格設定めっちゃ迷うやん!!!



ということで、とりあえず来月末まで


通常の
☆スリミング120分 (12,000円)☆
の中で

キャビテーション二箇所までOK(一箇所10分)



というキャンペーンをして、その間に価格を考えるとします。

是非この機会にお試しくださいね(^^)



☆リンパドレナージュ ふわり☆
茨木市双葉町15-5-202
電話 090-1710-6231

ホームページとネット予約はこちら
http://r.goope.jp/fuwari




触れることは…

  • 2015.06.13 Saturday
  • 23:00

お客様がお庭から摘んで来てくださったお花達。



ありがとうございました(^^)


紫陽花は私が大好きな花の一つなんですが、なぜか今年は、特に白い紫陽花に惹かれて…



だから、白い紫陽花をいただいて、「なんでわかったの??」とすごくビックリしました。


紫陽花は水揚げしにくいので、切り口を火で炙って直ぐにお水に浸けるといいみたいですよ。



このお花達のお陰で、次のお客様と、紫陽花の話で盛り上がりました。


それに、リンパドレナージュを始めようとしたときに

「今日のオイルってゼラニウム入ってる?なんかゼラニウムの良い香りがするわ〜」

と次のお客様。

オイルにはゼラニウム精油はブレンドされていなかったのですが、

グラスに挿したゼラニウムの香りを感じられたようでした。

お客様から別のお客様へのプレゼントだな〜と幸せに感じました。



お花を下さったお客様からは、

「前回施術で体が楽になったのも勿論あるけど、精神的にすごく楽になって(^^)」

と伺って、嬉しかったです。


幼児教育にお詳しいその方から、

「ベビーマッサージは

オイルで赤ちゃんに一つ目の保護膜を作ってあげて

さらに、お母さんの手で二つ目の保護膜を作ってあげる

そして、おクルミで包んであげることで、お母さんの手の代わりになる

って考え方があるんだよ。」

と伺いました。


確かに!

オイルは保湿することでの肌の保護膜になるっていうのも勿論あるけど

それだけではなく、

「植物の生きる力」で守られるような感覚も確かにあるんです。

(だからオイルにはこだわりたくなるんです)


また、人の手で包み込まれる安心感で守られるというのは

大人へのトリートメントでも言えることですね!


「触れる」ことは

そこに存在しているからこそ、できることなので

「施術を受ける」と言うことは、

「触れられる感覚」を味わうことで

「自分の存在を認める」

ことに繋がるという考え方もあります。



なんとなく自信がなくなったり

自分の存在価値がわからなくなるようなことは

生きていれば必ずあると思いますが

そんなときにリンパドレナージュやフェイシャルエステを受けられるのも、

すごく良いことだと思います(^^)




今日もお読みいただきありがとうございました♪


☆リンパドレナージュ ふわり☆
茨木市双葉町15-5-202
電話 090-1710-6231

ホームページとネット予約はこちら
http://r.goope.jp/fuwari


学び多き一日

  • 2015.05.23 Saturday
  • 07:00

昨日は学び多き一日だったので覚書き。


一人目のお客様の施術中に突然投げかけられた一言。

「山本さん、自己肯定感てありますか?」

うーん。ジココウテイカンかぁ…

どっちかというと肯定してるのかなぁ?

カラーキューブセラピーを学んでから、自分の考えを認めるってのはすごく出来るようになりました。

あと、私の場合は肯定とか否定とかいう概念よりも、好きなように生きれてるかを重要視してるかもー

みたいなことを話ました。

そのお客様、チャーミングで明るく愛想もよくて、お仕事もしっかりされていて、愛する旦那様がいらして…

と傍目には何の不足もなく見えるのですが、ただ、とにかく

『謙虚すぎる』

ことは前々から気になっていました。

それをお伝えしつつ話をしていたら、

「人からどう思われるかをすごく気にしてしまう」

ことがわかり

そこからはカラーキューブセラピーのカウンセリングみたいに

「何で気にしちゃうんでしょう?周りに迷惑をかけたくないとか、よく見られたいとか…」

「よく見られたいんだと思います」

「誰に一番よく見られたいですか?」

「親かな…」

「お父さん?お母さん?」

「他界している父だとおもいます」

「お父さまはどんな方でしたか?」

みたいな感じでちょっとずつ紐解いていき…

施術中って心身共に裸になれるから、いいなって思います。

お客様が明るい表情で帰って行かれると私も嬉しいです。




お二人目のお客様からは全く別な課題を与えていただきました。

過酸化脂質とアトピーの関係。

アトピーが出ている部分の下には硬いセルライトのようなものがあり、それが解れたところは綺麗になっていくという…

施術の度に確信が深まっていて、もっときちんと理論的なことを調べてみなくてはと思いました。

やっぱり、何度もお会いしたりお身体を触らせていただけるからこそ、心と体の訴えがわかってくるわけで、通って下さるお客様方にはただただ感謝です!

写真はお客様からいただいた手作りの焼き菓子。

美味しかったー!ご馳走さまでした♪




☆リンパドレナージュ ふわり☆
茨木市双葉町15-5-202
電話 090-1710-6231

ホームページとネット予約はこちら
http://r.goope.jp/fuwari



「リンパドレナージュ」ふわりと名乗っているのに…

  • 2015.02.26 Thursday
  • 15:42
前回の記事に色々足りない部分があったので編集しました。

わかりやすくなったと思うので、よかったらまた見てください(^^)

文字にするって、私にとっては頭を整理するためのすごく大切な作業です。

自己満足的なFBやブログですが、いつもお付き合いくださる皆様に感謝しております!


さて、「リンパドレナージュふわり」と名乗る以上、リンパドレナージュが一番の「売り」なはずなんですが、体がリンパ管とリンパ節だけでできている訳ではないので、リンパ以外のことを当然考えたり、手技を探ったりしてきました。


でも、そうすると、「ふわりの売りは一体なんやねん?」「これをリンパドレナージュって言っていいんかい?」ということをふと考えることがあり


先月、マイケル先生の筋膜リリースセラピーのワークショップに参加してから、どうも技術も気持ちも整理できない感じがしていました。


よく言えばステップアップの途中でもがいているような、悪く言えば単なる消化不良・混乱ですかね。


何年か前にDVTMというフランスの医療現場で使われているリンパドレナージュを半年くらいかけて学んだのですが、それは非常にソフトで、お客様の反応(というかニーズ)を考えるとすごく取り入れずらかった(単に私にその度胸がなかった)のですが、


筋膜リリースのワークショップ後に、DVTMをもっと施術に取り入れたいという衝動になぜか駆られたりして、考案者であるジャックドミカ先生のDVDを見直したり。


何やってるねん私?って感じですが、なんかストンと自分に入ってくるタイミングって、習ったその時ではないんですね〜。


習ってすぐは理論も十分に理解できていないし、力加減とかどの流れでそれにもっていくとかも慣れないので、なんかうまく取り入れられないんです。


力を必要としないソフトな施術ほど難しい。


リンパ管に体液を誘導した後に指圧的なことをやったら、また押し出されて意味ないやんとかいう手技の組み立てや


時間配分なんかも考えると、「うーん…」となってしまっていました。


で、前回のブログを書いていて、ちょっと頭の中が整理できて、


「リンパが流れるための環境づくり」


を含めた広義のリンパドレナージュを私はしているんだということで自分なりに納得。


私がやっていることは、


◆血管・リンパ管を圧迫して狭めている硬くなった脂肪や筋肉を緩める

◆管への負担がなくなったところで、血流・リンパ流を促進する

◆流れやすくなったところで、過剰な水分をリンパ管に乗せる


ってことだということで、落ち着きました^^;


なんかスッキリしました!!


ほんと、言葉にして頭を整理するって大切ですね。


☆リンパドレナージュ ふわり☆
茨木市双葉町15-5-202
電話: 090-1710-6231
http://r.goope.jp/fuwari
 

リンパがつまってるってなぁに?-その2-

  • 2015.02.26 Thursday
  • 15:23
リンパドレナージュには、血液は流さずにリンパ液だけを流す方法もあり、血流が良くなることで心臓に負担がかかると思われる患者さんや、癌等でのリンパ節廓清手術後の患者さんに対して医療機関で行われるのが、そのようなリンパドレナージュです。


具体的には、皮膚をずらすことで(係留フィラメントを引っ張って)リンパ管の口を開き、過剰な細胞間液をリンパ管内に誘導するという方法で、受け手にとっては、一定のリズムで皮膚を撫でられているような非常にソフトな徒手療法になります。


リラクゼーション効果もとても高く、個人的にはすごく好きですが、指圧文化の日本では「物足りない」「効いている感じがしない」といったクレームにもなりやすいです。


そのため、リラクゼーションサロンやエステサロンでは気安くは取り入れにくい手技でもあって、私も色々な感想を聞いてビビってしまって、その技術だけで施術をすることは今現在はないです。(将来的にはするかもですが^^)



一方で、リラクゼーションサロンやエステサロンに来られる、健康〜プチ不調程度の方にとっては、血流の増大による臓器への負担は気にしなくてもよく、むしろ血流促進によって栄養や酸素が体の隅々まで行き渡り老廃物や二酸化炭素がきちんと回収されるということのほうがメリットになります。



そのために、ふわりでは、「リンパドレナージュ」とは言っても、リンパ流だけでなく血流も促進するような手技を使っています。



基本的な流れは私の中で決まっていますが、むくみが多い、筋肉が凝っている、脂肪が硬い、冷えている…など、その時のお体の状態によっても、どの手技を多くするかとか時間配分は変えています。



ただ、水分を流す方向は、表層リンパの流れの方向を意識していて、過剰な水分はきちんと管に乗せて排出されるように施術しています。


管に乗せずに水分(細胞間液)だけを移動させただけだと、一時的には細くなりますが、時間と共にまた戻りやすいです。


施術前後の写真で、「こんなに細くなりました!」

は、大抵水分移動です。移動させた余分な水分は、排出できてこそなんですね。



あとは、固かった脂肪や筋肉が柔らかくなることでも体のラインが変わりますし、また、血流やリンパ流も変わります。

これ、リンパドレナージュ以前に最近私が重要視していることです。


硬くなった脂肪(セルライト)や筋肉は、リンパ節や血管を圧迫して、管を狭めてしまいます。狭くなると流れるものも流れないですよね。

なので、最近はまず筋肉の緊張を緩める、脂肪をほぐすことも重要だなと思って施術しています。


脂肪が硬くなっているところは大抵冷たいので、触って確かめてみてくださいね。太ももやお腹なんかは、お風呂で自分で揉みほぐしたりも良いですよ。

柔らかくすると燃えやすくなりますので、同時に食事や運動に気をつけてあげるといいですね!


と言うのは簡単ですがね^^;


今日も文章だけですみません。

お読みいただきありがとうございました♪



☆リンパドレナージュ ふわり☆
茨木市双葉町15-5-202
tel: 090-1710-6231

ホームページとネット予約はこちら
http://r.goope.jp/fuwari

リンパが詰まってるってなぁに?-その1-

  • 2015.02.20 Friday
  • 14:31
大人の体の約60%は水分です。

50Kgの人なら30Kgが水分だと思うと結構多いですね!


水分て何かと言うと、血液、リンパ液、細胞間液、細胞内液、骨髄液など。

動脈を通って体の隅々に送り込まれた血液が、細胞間液・細胞内液となり、

不要なものは、静脈管とリンパ管とを通して、静脈血・リンパ液として回収されます。


ところで、「リンパが詰まってる…」

なんて言葉を時々耳にしますよね?


それを聞くと、「リンパ」っていうもの自体よくわからなくても、なんとなく悪いことだというイメージはしますよね?


たぶんその言葉は、「滞っている・固まっている・冷えている」などの状態を表しているんだと思います。

でも、その言葉のままに実際にリンパ管の中が詰まっていたら大変です(笑)

「血管詰まってますね」なんてお医者さんに言われたら速入院ですもんね。
 


「滞っている」という状態は、リンパだけが滞っているわけではなくて、血流が悪いことが滞りの大きな原因であることの方が多いかもしれません。
 


というのも、水分の回収量だけを見ると、静脈が90%程度で、リンパはたったの10%程度なんです。


また、血管とリンパ管の構造上、血液が流れることでリンパの流れも促されることから、血流の良し悪しはリンパ流にも影響します。
 


では、リンパって他に何が重要かというと、


まず一つが、リンパ管はその構造上、血管が回収できないサイズの老廃物(タンパク質のかけらなど)の回収が可能です。だから、「不要なものを貯めこまない」ためにはリンパがきちんと機能することが大切です。


もう一つがおなじみの免疫機能ですね。リンパ液中のウイルスや癌細胞は、リンパ管の合流点であるリンパ節でやっつけられ、これらが血液中に入ることを防いでくれます。


ちなみに、リンパ節は全身に800個程度あり、そのリンパ節がたくさん集まっている部分(耳下、脇、お腹、脚の付け根、ひざ裏)が5大リンパ節と呼ばれています。


ところで、血液が1分間で体を一周するのに対し、リンパ液は1分で30cm程度しか流れません。


このようにリンパの流れが緩慢なのは、心臓のようなポンプがなく、周りの筋肉の収縮や、隣り合う血管の血流がリンパ管壁を刺激することで流れるからです。


だから、体をあまり動かさなかったり、体が冷えていたりすると、リンパの流れはさらに緩慢になり、むくみなどの不調がでてきます。


また、自律神経の影響も受けやすく、疲れたり寝不足だったり常に緊張状態にあることも、流れを緩慢にします。


だから、外からのドレナージュ(流れを促す)が有効になります。

(次回に続きます)


☆リンパドレナージュふわり☆
茨木市双葉町15-5-202
電話:090-1710-6231
http://r.goope.jp/fuwari
 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM